上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



WHO'S THE JUNKIE ?

音や映画(映像)、格闘技・プロレスほか・・・色々な物を楽しむ --- by vinyldigger





スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

新日本プロレス 11/3@両国

先日の記事 にも書いたように、私の中でのメインカード「川田vs柴田」について書かせてもらいます。

○ 川田利明 vs 柴田勝頼 ●
(7分6秒 片エビ固め)

まだ映像を観たわけではありませんので速報記事からの情報のみですが、予想通りの打撃戦となったようです。フィニッシュは川田の渾身のエルボーの一撃~倒れ込んだ柴田の後頭部へのニードロップ~フォールで3カウント。試合後の川田のコメントから想像すると、かなり充実した試合内容だったようです。川田の口から「うちの団体にもああいう選手が1人ぐらい欲しいよ。」「日程とオレの体が続く限りは壁になってやろうと思う。オレとやったことであいつの名前が少しでも上がるんであればオレもやった甲斐がある。」と言わせたことはある意味柴田の勝ちでもあるんではないでしょうか。TV放送が楽しみです。ノーカット放映してくれればいいんですけど、ダイジェストなんでしょうねぇ。
柴田ははっきり言って粗削りでまだまだの選手ですが、私的には今の新日本で唯一魅力を感じる選手でもあります。天龍や川田に噛み付くことで今後大化けする可能性は秘めていると思います。期待させてもらいますよ、柴田君!


(写真左) 川田の十八番「屈辱の顔面チョン蹴り」を柴田がやるとは!
(写真中) エグイ角度のストレッチプラム
(写真右) 天龍譲り(?)の禁断の「グーパンチ」、これを出させたということはある意味柴田の勝ち


参考記事: スポーツナビ
  1. 2004/11/04(木) 10:28:00|
  2. プロレス|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<秋の夜長に・・・ DOPE JAZZ(試聴アリ)   | HOME | 最近思う「どうでもいいこと」>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://vinyldigger.blog3.fc2.com/tb.php/26-afa707bb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。