上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



WHO'S THE JUNKIE ?

音や映画(映像)、格闘技・プロレスほか・・・色々な物を楽しむ --- by vinyldigger





スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

柴田勝頼の新日本プロレス退団が決定的に

新日本プロレスの柴田勝頼が25日、都内の新日本プロレス事務所で3度目の契約更改に臨んだが、合意には至らず退団することが決定的となった。

20050125204136.jpg

「オレはサラリーマンレスラーにはなれない」

柴田らしい言葉ですね。
今後は上井氏のところをメインとして全日本などに参戦ってことでしょうか?
柴田にはとことん上にぶつかっていってもらいたいですね。
今までの川田や天龍に続き、次は誰(何処)をターゲットにするのか?
注目していきたいです。

金本は契約を更改したようですが、他の契約更改選手を見ても今後の新日本はどう展開していくんでしょうか?
CTUやBNJ、つまらないし・・・
スポンサーサイト
  1. 2005/01/25(火) 21:11:37|
  2. プロレス|
  3. トラックバック:2|
  4. コメント:1

BIG JOE "SPEAK AND SAY" (REGGAE)

20050122021940.jpg

BIG JOE "SPEAK AND SAY" (JAM 7")

個人的に結構好きな70年代のDJです。
彼は70年代に3枚くらいアルバムをリリースしていますが(正確なリリース枚数は情報不足のため不明)、
いずれにも収録されていないようなのでおそらくシングル盤のみのナンバーです。
マイナー調のキラー系のナンバーではないですが、いい感じです。
曲の感じからしておそらく70年代中頃の録音だと思います。

試聴できます。(RealPlayer必要) → LISTEN ! ←

現在、GREEDY MAN RECORDS に在庫あります。よろしければどうぞ!

  1. 2005/01/22(土) 02:40:27|
  2. 音楽 - REGGAE|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

PRIDEひかり道 「第1回芸人グラウンド王決定戦」見ました

20日放送のインターネット無料ブロードバンド生番組「PRIDEひかり道・第1回芸人グラウンド王決定戦」を見ました。

「グラウンド王」と銘打っているように打撃ナシの寝技オンリーのルールでの大会でした。

<出場選手>
どくろ団(吉本興業/空手・総合格闘技)
指圧野郎(吉本興業/柔道)
サブミッションズ・北条(吉本興業/柔道)
水玉れっぷう隊・アキ(吉本興業/空手・ボクシング・総合格闘技)
トライ・アンフ 英俊(フリー/中国拳法・骨法)
北京ゲンジ・お宮の松(オフィス北野/総合格闘技)
有吉弘行(太田プロ/柔道)
つぶやきシロー(ホリプロ/柔道)

<ルール概要>
・打撃なしの組技限定。グラウンドにて背中合わせの状態からスタート。
・道着、Tシャツ、レスリングシューズの着用可。
・マットから選手が出た場合、マットのセンターに戻しマットから出る前の状態から再開。
・試合時間は5分1ラウンド。
・引き込み、消極的行為はペナルティが課せられる。
・勝敗は関節技による一本、レフェリーストップで決着。
・8名によるトーナメント形式。
・優勝者は謎の選手「X」と対戦


当然のようにマイナーなメンバーが集まっています。
アマチュアの大会で実績のある選手もいるのでそこそこ期待して見ていましたが、期待を裏切らないなかなかハイレベルな攻防が展開されました。ある意味しょっぱいプロの試合よりは面白かったです。

結果は以下のとおり。

1回戦
○どくろ団 - 有吉弘行●
○指圧野郎 - トライ・アンフ 英俊●
○サブミッションズ・北条 - 北京ゲンジ・お宮の松●
○水玉れっぷう隊・アキ - つぶやきシロー●

準決勝
○指圧野郎 - サブミッションズ・北条●
○水玉れっぷう隊・アキ - どくろ団●

決勝
○指圧野郎 - 水玉れっぷう隊・アキ●

番外戦
○「X」ミュージシャン・池田聡 - 指圧野郎●


優勝した指圧野郎、どくろ団、アキの3人がレベルが高かったですね。
打撃ありのルールだとアキが優勝していたかも。
(アキのボクシング技術はかなりスゴイです)

体重差やリング(この日はマットを敷いただけ・・・ヒドすぎ!)など、もう少し考慮してルール整備すればもっともっと面白くなるんではないだろうか。
以前、テレ朝系の「Qさま ! ! 」でやっていた「芸人格闘王」(こちらはちゃんとしたリングを使用、安田大サーカス・HIROが優勝)も面白かっただけに格闘技ブームの今なら充分番組として成り立つでしょう。(当然深夜枠でしょうが・・・) 普段のお笑いの姿と格闘技でのマジな姿とのギャップも面白いし、ジム通いしている人や格闘技経験のある芸人も多いだけにきちっとした企画のもとでやってほしいですね。オープンフィンガーグローブ着用で顔面への打撃は禁止、など安全面を考慮してのガチでの総合戦ってのも見てみたいです。
  1. 2005/01/21(金) 14:45:18|
  2. 格闘技|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

新日本プロレス、柴田・金本が相次いで契約保留

1月と言えば新日本プロレスの契約更改の時期、今年も荒れているようですね。

表情が厳しい・・・

柴田、金本が相次いで保留。
柴田は「団体の方向性に疑問」、金本は「自分に対する会社の評価の低さに不満」とのこと。
確かに最近の新日本の動向には「?」と思うことが多い。新体制になってから「?」の数が増える一方だ。総合格闘技に押され、人気が低迷しているのは事実。試行錯誤しているのはわかるが総合格闘技色を取り入れようとしすぎでうまく選手を使い切れていないのは明らかである。中西や矢野なんかに総合させてどうなる?っていうの?
プロレス団体が「プロレス」のうまい選手を埋もれさせてはいけないと思う。(特に邪道・外道など)
純粋にプロレスファンだけなら絶対数は少ないので総合色を強めていこうとするのはわからないでもないが、「プロレス」団体なら「プロレス」を忘れないでほしい。現にNOAHはほぼプロレスのみで安定した人気を確保していると思う。(私は昔からの全日本派なのでNOAHは設立のいきさつからどうも好きにはなれないのですが・・・) まあ「何が起こるかわからない」というのも新日本の魅力ではあると思うが、空回りしすぎではないだろうか?

柴田の言葉、
「新日本が新日本じゃなくなってきている。オレのやりたい戦いができないのなら・・・・・ 戦いがなさ過ぎる。」
その通りだと思う。

柴田の最近の戦いぶりは個人的にも気に入っていたので(特に川田・天龍との絡み)もっともっと上に食らいついていける環境を与えてもらいたい。更改できるか決裂して退団するかはわからないが、若い芽はちゃんと育ててほしい。でないと将来のプロレス界はますますヤバイ状況になってしまうだろう。
反対意見もあるでしょうが、私個人の意見としては中邑を担ぎ上げることには「???」である。はっきり言ってまだまだトップを取れる器ではないでしょ。試合も地に足が付いていない感じでドタバタしてるし・・・(キャリアが浅いからしょうがないでしょうけど) 海外修行させるなりしてもっとじっくりと育てていかないと今の会社の扱いに溺れてると大成しないだろう。「選ばれし神の子」なんて大袈裟過ぎでしょう? 私は中邑よりも健介ファミリーの中嶋君の方が将来有望のような気がするが・・・(新日本とは関係ないですけどね)
  1. 2005/01/21(金) 02:28:48|
  2. プロレス|
  3. トラックバック:4|
  4. コメント:1

COMMODORES "MOVIN' ON" ['75] FUNKY ! ! ! (試聴あり)

20050120193731.jpg

COMMODORES "MOVIN' ON" ['75] (US LP)

コモドアーズと言えばライオネル・リッチー、ライオネル・リッチーと言えばブラコン・・・というイメージが強いですが、初期はドス黒さを持ったファンク・バンドでした。
70年代中期に "BUMP" "MACHINE GUN" といったヒット曲を出しているということは若い世代にはあまり知られていないかと思います。
75年リリースのこのアルバムもファンクあり、GROOVYなインストありとブラックミュージック・フリークも納得の内容になっています。

4曲ダイジェストで試聴できます。(RealPlayer必要) → LISTEN ! ←

現在、GREEDY MAN RECORDS に在庫あります。よろしければどうぞ!

  1. 2005/01/20(木) 20:05:39|
  2. 音楽 - SOUL/R&B|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

BGM変えました

20050119052237.jpg

THE SPECIALS "GHOST TOWN"

ザ・クラッシュと同様に私がジャマイカンミュージック(レゲエ)にのめり込むきっかけとなったグループ、
ザ・スペシャルズのラストソングです。(写真右がシングルのジャケットです)
完全なレゲエナンバーです。
う~ん、25年も前の曲なのに今聴いても渋いですね。
(って言うか、25年も前の曲だから渋いんですよね)
後半のRICOのトロンボーンがヤバすぎです。
  1. 2005/01/19(水) 05:38:59|
  2. 音楽 - REGGAE|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

RONNIE LAWS "FEVER" ['76]

お風呂じゃねえよー!

RONNIE LAWS "FEVER" ['76] (US LP)

76年にブルーノートからリリースされたアルバムです。
ジャケが怪しさ満開で私好みです。
温泉に浸かっているようにも見えます。 w
(怪しい香りを放つジャケは放っておけません!)
RONNIE LAWSと言えばヒップホップ・ネタの "TIDAL WAVE" などが有名ですが、
このアルバムも見逃せませんよ。
個人的にはタイトル曲の "FEVER" がGROOVYでお気に入りです。
ほかにもメロウな曲など聴き所が多いのでJAZZ系DJの方などはチェックしてみてはどうでしょうか?
サンプリングできそうな所も多いのでトラックメイカーにもオススメです。

"FEVER" "ALL THE TIME" は試聴できます。(RealPlayer必要)

→ LISTEN ! ←

現在、GREEDY MAN RECORDS に在庫あります。よろしければどうぞ!

  1. 2005/01/19(水) 03:34:47|
  2. 音楽 - 未分類・全ジャンル|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

引っ越してきました

本日エキサイトブログから引っ越してまいりました。
vinyldiggerと申します。
過去ログをインポートしましたが、若干レイアウトがおかしくなってしまっている記事もございます。
その辺はお許しくださいませ。
音楽・格闘技・映画・ペット(ウチの猫)等々、「物事を楽しむ」というテーマで書いていきますのでよろしくお願いします。
相互リンクしてくださる方も募集しております。
ご希望の方いらっしゃいましたらコメントもしくはメールくださいませ。

旧URL
http://vinyl.exblog.jp/
  1. 2005/01/17(月) 22:10:24|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

激レアなジャーマンHIP HOP V.A. "BLITZ MOB"

V.A. "BLITZ MOB"(5TRACKS EP) [93年]

最近人気が出てきているようなので紹介しておきます。



(写真左) V.A. "BLITZ MOB"
(写真右) O.S.T. "ACROSS 110TH STREET"

上の写真を見てわかるように、
この "BLITZ MOB" のジャケットは "ACROSS 110TH STREET" がモチーフのようです。
サウンド的にもジャズやソウル的ネタで構築されているので、このあたりの映画(音)が好きなんでしょう。
(私も好きです)

収録曲は
KAOS "THAT'S WHY WE LIVE, HOW WE LIVE"
LSD "OHNE WARNUNG"
C.U.S. "DAS GESETZ DES DSCHUNGELS"
SBG "SPEAK OUT"
AI-TIEM "KONSUMIEREN, UND SONST NIX"

の5曲です。

「93年のリリース」「ジャズやソウル系ネタのトラック」
以上のキーワードから90年代前半のD.I.T.C.周辺やピート・ロック、コモンなどが好きな人なら気に入るんではないでしょうか。ドイツ産ということで若干イナタめの音になっています。これは「味」ということで・・・ w

極少プレスのためオークションでは1万オーバーになることが多いようです。
出品していますので興味のある方はどうぞ。 → GO ! ←
  1. 2005/01/14(金) 19:54:00|
  2. 音楽 - HIP HOP|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

「アルティメット・ロワイヤル」(1.4 新日本)をテレビで見ましたが・・・

「アルティメット・ロワイヤル」
・・・新日本プロレス主催、世界初の総合格闘技ルールによるバトルロイヤル


12月にこれが決まった時にこのブログで「これってどうなの?」と記事にしましたが、
昨日地上波TV観戦して「やっぱり・・・」という結果に終わりました。

「つまらない!!」

まず、
参加者がしょぼい! ほとんどが総合にしてはインパクトの薄い選手・・・
(ウォーターマン、成瀬、中西、矢野、長井、スミヤバザル、永田、ブルーウルフ)
さあ始まるぞと思ったら、開始時にリング上には4人(参加人数は8人)、
いきなり半分に分けています。すでに「バトルロイヤル」ではありません。
「おいおいおいおい!」
安全性を考えてのことだと思いますが、「なんでやねん!」といった感じ・・・
1組決着がついてもすぐに次の対戦が始まるわけでもなく、敗者の介抱。
しばらくしてリング上が整理されてから次の対戦へ・・・
これの繰り返し・・・・・・・・・・
盛り上がらぬままウォーターマンの優勝。
「やっちまったな」新日本。
これを見て満足した人はいたのか???

あんなのは「バトルロイヤル」とは言いません!
バトルロイヤルの醍醐味である
「リング上での派閥争い」「流れが途切れず決勝まで続く」といった面白味が全くありません。
例えるならば「インターバルの短いトーナメント戦」って感じでしょうか。
私が12月の時点で提案していた
「4対4のイルミネーションマッチ(敗者退場のサバイバル戦)」
もしくは「くじ引きで順番を決めての勝ち残り戦」の方が面白かったように思います。
まあ新しい試みなのでハズレもあるでしょうが、もうちょっと練ってもらいたいですね。

新日本さん、よろしく!
  1. 2005/01/10(月) 18:34:00|
  2. プロレス|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0


おネムなポンパン&ポキです。
  1. 2005/01/01(土) 00:31:00|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。